皆さまからの口コミや体験談を元に裁判事例をご紹介

交通事故裁判までの流れと弁護士費用の負担額

交通事故発生から裁判迄の流れ

交通事故に遭ってしまい、裁判を起こしたい、という方にお話します。
まず、弁護士に相談するというところまでは皆さん分かると思います。
しかし、そこからすぐに裁判が始まるわけではなく、保険会社と交渉をします。
保険会社から、損害の項目ごとに金額を記載したもの、(通常、損害賠償金といいます。)を提示してもらい、この提示と、訴訟を起こした時の賠償額や、それにかかる費用、時間などをしっかり見比べてから、保険会社と契約するか、裁判を起こすかを弁護士と相談して決めます。
そして、訴訟を起こすことが決まったならば、弁護士が訴状などを用意し、やっと訴訟を起こすことができるのです。
ここまでで交通事故から訴訟を起こすまでの行動は分かっていただけたと思います。

弁護士費用の大まかな金額

次に、弁護士の費用についてお話ししようと思います。
弁護士の費用は普通、「着手金」と「報酬金」に分けられます。
着手金は事件を依頼するときに、報酬金は事件が解決した時に弁護士に支払うことになります。
しかし、弁護士の費用については、弁護士によっても考え方が異なるため、あらかじめ聞いておくのが良いと思われます。
特に、報酬金は弁護士によって考え方が様々です。

訴訟費用は勝っても負けてもかかる

例を挙げると、弁護士が保険会社から事件前に400万円の損害賠償金の提示があり、最終的に訴訟を起こして賠償額が700万円になったとしたなら、依頼者、すなわちあなた方が確保した経済的利益がいくらか、増額した300万円か、全体の700万円か、それともその中間かを考えて、経済的利益に対して何%を報酬金にするのか、というようなことを考えなくてはなりません。
このように、訴訟を起こすのは、費用も時間もかかる大変なことです。
事故に遭わない、というのが1番理想的ですが、もしも交通事故に遭ってしまい、訴訟を起こす場合はよく考えてからにするべきだと思います。

New Article